ローソン、銀行業参入

コンビニエンスストア2位のローソンは、2016年夏にも三菱東京UFJ銀行と共同出資し、新銀行を設立するそうです。新銀行への出資比率はローソンが95%以上で、三菱東京UFJ銀は5%未満になると言うことです。

現在ローソンは47都道府県の店舗で計約1万1000台のATMを設置しており、提携する大手銀行や地方銀行の預金引き出しなどに対応しています。しかし、預金口座の開設や個人向けの貸し出し、現金振り込みなどは現在対応していません。新銀行はそれらのサービスに対応すると言うことです。

コンビニエンスストア業界首位のセブン―イレブン・ジャパンが中心に運営するセブン銀行や、流通大手イオンが展開するイオン銀行に対抗するローソン銀行の誕生するというわけです。

便利になる分には大歓迎です。三菱東京UFJ銀行と相互に利用できるなら、かなり便利でしょう。私も三菱東京UFJ銀行の口座を持っているので、どこでも簡単に使えるとありがたい。