松坂が8カ月ぶり投球練習

 昨年6月に右肘の靱帯修復手術(トミー・ジョン手術)を受けた、ボストン・レッドソックスの松坂大輔投手が30日、フロリダ州フォートマイヤーズのマイナーチーム施設で、昨年5月以来約8カ月ぶりにブルペンで投球練習を行いました。

 すっかり忘れてました、松坂の事。プロ野球、メジャーリーグ関連の話題と言えば、この所ダルビッシュの話題一色と言って良い程でしたから。

 松坂大輔は埼玉西武ライオンズからポスティングシステムを利用して、落札額と6年契約の年俸総額合わせて120億円の超大型契約でレッドソックス入り。メジャー1年目で15勝、2年目に18勝と期待通りの活躍を見せましたが、3年目以降は4勝、9勝、3勝と大きく期待を裏切っています。しかも先発投手の松坂は4~5日おきにしか出場せず、松井秀喜がヤンキースにもたらした程の経済効果も無く、2重の意味で期待を裏切っています。その評価を覆せるかどうか、今シーズンは正念場です。