石田純一、都知事選出馬を断念

 東京都知事選挙に、野党統一候補という条件付きで出馬の意向を示していた俳優の石田純一氏(62)が11日午後、東京都港区のホテルで記者会見し、出馬を断念する意向を表明しました。

 石田純一氏は会見で「かねてより都知事選への意欲を示して参りましたが、正式に断念します。いろいろとお騒がせしました」と断念したことを表明し、その理由について「家族を説得できなかった」事をあげています。また、今日表明したことについて「番組を差し替えたり、待ってもらうタムリミットが11日だった」と説明しています。

 しかし、影響はかなりあるようで、ABCテレビは石田が水曜レギュラーを務める「おはよう朝日です」について、「本人と話し合い当面の間、出演を見合わせる」としています。

 また、当初から出馬に反対の意思を示していた妻でプロゴルファーの東尾理子(40)さんは自身のブログで「この度は、主人が皆様をお騒がせするだけの形となり、大変申し訳ございませんでした」と謝罪しました。

 石田純一が野党統一候補ってあり得ないと思っていたし、例えば統一候補として出馬しても、石田純一に投票する都民がいるとも思えません。誰もが、「やっぱり」と思ったでしょう。