女子生徒、中学卒業へ

 朝霞市教育委員会の30日発表によると、同市で2014年3月に行方不明になった当時中学1年の女子生徒(15)が保護された事件で、女子生徒が通っていた市立中学を31日で卒業するそうです。

 2014年3月に「両親が離婚する、弁護士の所に案内する」と騙されて、千葉のマンションに監禁されていた女子生徒です。自力で脱出し、2年ぶりに自由の身となりましたが、本来なら既に卒業しているはずながら当然授業は受けていません。

 市教委によると、中学卒業の可否は校長が裁量で決めることができると言うことで、女子生徒側から卒業したい意向が示され、認定を決めたそうです。

 問題は卒業に必要な学力があるのかと、これからどうするか。高校入試はとっくに終わっていますし、1年浪人する形で中学の課程を勉強して来年受験する形になるのでしょうか?。それ以前に、精神的なショックが大きいでしょうから、そちらのリハビリが必要かもしれません。とにかく、1日も早く社会復帰出来ることを祈るばかりです。