デング熱の国内感染147人

 厚生労働省の26日発表によると、デング熱の感染者が東京で新たに3人確認されたそうです。先月26日以降、国内感染者は18都道府県で計147人となりました。

 同省などによると、新たに感染が分かったのは10歳代~30歳代の男性で、今月13日から18日の間に発症したと言う事です。また、3人とも多数の感染者が判明している代々木公園(東京都渋谷区)周辺を最近訪れていないそうです。

 3人の内、神奈川在住の30歳代男性は、新宿中央公園(新宿区)付近が通勤路。また、13日に発症した別の30歳代男性は、今月上旬に中目黒公園(目黒区)で蚊に刺されたと説明しているとのことで、新たに中目黒公園で感染の疑いが浮上しています。

 25日には神奈川県で、隅田公園で感染したと見られる女性が入院。その他埼玉の女性は上野公園での感染が疑われていましたが、その後上野公園の蚊109匹を採取してウィルス検査をした所、ウィルスは検出されませんでした。

 多分、感染場所はかなり広がっているのでしょうね。デング熱は8割が無自覚だと言いますから、ただ気づいていないだけで。