ドラクエ新作はオンラインゲーム

 スクウェア・エニックスは26日、ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズの10作目「目覚めし五つの種族 オンライン」を8月2日に発売すると発表しました。

 任天堂の据え置き型の家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」向けで、価格は6980円。人気シリーズの3年1か月ぶりの新作はオンラインゲームとして発売です。
オンラインの利用料金は、1000円(30日間)~2900円(90日間)。製品には20日間の無料利用券が付き、子供を対象に無料で利用できる時間帯も設けるとの事です。

 ドラクエもとうとうネットゲームです。スクウェア・エニックスではもう一つの看板作品であるファイナルファンタジーが10年ほど前にネットゲーム化されて成功(ただし、最新作では失敗した模様)しているので、ドラクエも、ということでしょうか。

 ドラゴンクエスト(通称ドラクエ)は1986年(昭和61年)5月27日にエニックス(現スクウェア・エニックス)より、任天堂のファミリーコンピューター(ファミコン)向けに発売されたロールプレイングゲームです。家庭用ゲーム機では初となるオリジナルタイトルのロールプレイングゲームで、のちに続編が次々と発売、アニメ化などもされた、日本のゲーム界を代表する人気シリーズです。