サイトブロッキングも検討

 漫画やアニメの海賊版サイトが問題になっていることを受け、19日に菅義偉官房長官は、対策としてサイトブロッキングも検討している事を明らかにしました。

 サイトブロッキングは、アクセス先への接続を偽装したり、拒否または遮断するなどして特定のサイトへの接続が出来ないようにする事で、強制遮断措置とも呼ばれます。

 日本の漫画やアニメは世界的に人気で、日本に興味を持ったきっかけが日本のアニメだった、と言うのは良く聞く話です。ハリウッドの関係者でも日本のアニメや漫画に影響を受けた人は多いですし、平昌オリンピックで銀メダルを獲得したロシアの女子フィギュアスケート選手メドベージェアがセーラームーンの大ファンなのも有名な話です。

 政府は漫画やアニメをコンテンツ輸出の目玉として取り組みを続けており、海賊版サイトは言わば天敵。日本漫画家協会も海賊版サイトを非難する声明を発表、危機感を強めています。

 被害額は年間700億円を超えると言われているほどです。つまり、本来創作者に入るはずだった報酬が、700億円以上盗まれたと言う事。これは確かに深刻な事態です。

30歳を前に婚活を

わたしは現在27歳の看護師です。
看護師歴は7年目で、結婚相談所を利用したのは去年の夏ですので26歳のときでした。
結婚相談所を利用しようと思ったきっかけは、25歳を超えた頃から友人の結婚式に呼ばれることや、出産のお祝いに行くことが格段に増えたからです。
周りが結婚したから自分もしたいというわけではありませんが、20代も後半になってきて周りが結婚をし始めると焦りや不安が大きくなってきました。
しかし、看護師という仕事柄あまり同業以外の男性と出会えることもなく、友人との飲み会などにも夜勤などがあり、周りと時間帯が合わずに参加できませんでした。
ですので、まずは異性と出会える場が欲しいと感じ、結婚相談所を訪ねました。
結婚相談所を利用した結果は、今のところ順調におつきあいをしている彼氏ができました。

結婚相談所では、わたしの職業や年齢はもちろん、わたしが求める異性への条件などもしっかりと聞き出してくれました。
そして、その上でわたしの仕事と時間帯が合いやすく、年齢や自宅が近い人を何人か紹介をしてくれました。
急に会うことは怖いかもと思ったわたしは、紹介してもらったうちの2人とメールで連絡を取り合うように話をつけてもらいました。
そして、メールで会話を重ねて信頼ができるようになった段階で2人とお会いすることにしました。

何度か食事や飲み会を重ねるうちに、今の彼氏がわたしの仕事や趣味に大きく理解と関心を持ってくれるようになったことから、おつきあいをするようになり始めました。
お互い、結婚相談所を利用したのは結婚を急いでいるわけではなく、まずは出会える場を持ちたいという理由だったことから、結婚を前提ではありますがそこまで急いでの結婚は考えておらず、わたしの仕事も大切に考えてくれています。
結婚相談所では、早く結婚をしたいという条件の人が多く、今の彼氏のような人は稀だったようです。

結婚相談所は、現在は利用していませんが登録はしたままでいます。
もしも結婚をしたらやめようと思っていますが、交際の段階では何があるかわかりませんので、今はまだそのままでいます。
今回の結婚相談所は、わたしの条件に合う良い相手をしっかりと親身になって聞いてくれる相談所でしたので、もし今の彼氏と別れてしまったとしても、また、今の結婚相談所を利用したいと考えます。
結婚相談所は、自分の条件や話をしっかりと聞いてから相手探しをしてくれるところの方が良い相手を紹介してくれるとわたしは思います。

看護師 結婚相談所

前原代表、自由党との合流提案へ

 民進党の前原誠司代表が、28日に開かれる両院議員総会で、自由党との合流を提案する意向を固めたそうです。

 前原代表は、28日の臨時国会召集日に開かれる予定の両院議員総会で自由党と合流することを提案し、代表一任を取りつけたい考えです。言うまでも無く10月の総選挙に向けての取り組みで、前原代表は自由党共同代表の小沢一郎と会談。共に野党勢力の結集が必要との認識で一致しましたが、党内には強い反発があります。執行部の一部には「役職辞任も辞さない」姿勢を見せている議員もおり、中には総選挙後の分党を視野に準備を進めている議員もいると言うことです。

 小沢一郎は2012年、当時政権与党だった民主党に所属していましたが、党が進める社会保障・税一体改革関連法案採決で反対票を投じて離党届を提出、除名処分となり、共に除名されたグループ議員と共に国民の生活が第一を結党し、代表に就任しました。

 民主党政権の末期、野田政権の時です。政権運営への協力を求めた野田総理に対して、面会さえも拒否するなどやりたい放題で、民主党政権支持率低下の一因となりました。その時のこともあって、民進党内部には小沢一郎への不信感が根強く残っているようです。

 これは、合流したら本当に分党、なんてことになるかも知れません。