小出監督死去

 シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんらを育てた事で知られる、陸上女子長距離の指導者、小出義雄さんが亡くなりました。80歳でした。

 小出さんは順天堂大学体育学部時代に箱根駅伝へ3年連続で出場した経歴を持ち、同大学卒業後は教員として公立高校に勤務。1986年には、市立船橋高校を回全国高校駅伝で優勝に導きました。

 その後、1988年にリクルート社のランニングクラブ監督に就任。五十嵐美紀、有森裕子、志水見千子、鈴木博美、吉田直美らを育てて黄金時代を築きました。有森裕子は1992年のバルセロナオリンピック女子マラソンで銀メダルを、4年後のアトランタオリンピックでも銅メダルを獲得しましたが、社内の確執から1997年に積水化学工業に移籍。同社の女子陸上競技部監督に就任。2000年のシドニーオリンピックでは、やはり教え子の高橋尚子が女子マラソンで金メダルを獲得。国民栄誉賞を受賞するなどして、日本中にブームを巻き起こしました。

 2001年には自らが代表取締役となって、佐倉アスリート倶楽部を設立、監督に就任。2019年3月31日にをもって指導者から勇退していました。

 女子長距離選手の育成に定評があり、教え子の多くが日本代表としてオリンピックに出場した名伯楽でした。近年は体調が悪く入退院を繰り返していたと言う事で、勇退も健康問題のためだったようです。

ダルビッシュ、右肘靱帯損傷

 メジャーリーグのテキサス・レンジャーズが7日発表したところによると、ダルビッシュ有投手(28)の右肘靱帯に損傷が見つかったそうです。

 ダルビッシュ投手は5日、オープン戦初登板となった試合で右上腕三頭筋の張りを訴え、1回12球で降板していました。その後、6日に磁気共鳴画像装置(MRI)による精密検査を受けた結果、右肘内側の側副靱帯に損傷があることが判明したものです。

 ダルビッシュ投手は球団を通じ、「もし今季プレーできないならば残念だが、最終的な決断の前にセカンドオピニオンを含め、すべての可能性を探りたい」とのコメントを出し、10日にニューヨークで別の専門医の診察を受け、手術を受けるかどうかを判断するとしています。

 靱帯再生手術、となれば今シーズン中の復帰は絶望。来シーズンの開幕に間に合うかどうかも不透明です。手術をしなかったとしても、4ヶ月程度は投球出来ない見通しです。それにしても、日本人投手はメジャーに行くと次々肘を壊してしまうのは何故なのか?。

明日決定

 7日午後(日本時間8日早朝)に、2020年の夏季オリンピック・パラリンピック開催都市が、国際オリンピック委員会(IOC)第125回総会の投票で決定します。

 現状では多くのIOC委員が「予測不可能」とする大接戦となっており、投票前夜のロビー活動や投票直前に行われる招致説明(プレゼンテーション)が勝敗を左右すると見られます。
 安倍首相は6日午後(日本時間7日未明)、主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれたロシアから、政府専用機で現地入りすると、IOC委員と個別に会談して東京招致に向けて最後の働きかけを行い、6日夜(同7日朝)にはIOC総会の開会式にも出席しました。

 ライバルのマドリード招致委員会では、スペインのフェリペ皇太子(45)が名誉会長としてロビー活動の先頭に立ち、2日にブエノスアイレス入り。ABC紙の報道によれば「朝8時半、IOCメンバーを迎えるため、招致委員会のだれよりも早く(集合場所の)ホテルのロビーに入る」ほど精力的に活動、5日にはレティシア皇太子妃(40)も駆けつけています。

 いよいよ明日決定です。世田谷区の駒沢オリンピック公園の体育館では、IOC総会の模様をライブ放映するパブリックビューイングが行われると言う事です。