安田さん、会見で謝罪と感謝

 内戦中のシリアで取材中武装勢力に誘拐され、先日解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が日本記者クラブで2日に会見を開き、冒頭で謝罪と感謝を述べ、深々と頭を下げました。

 安田さんは2015年の6月にトルコの南部から内戦状態のシリアへ、イスラム過激派組織ISの取材目的で密入国。その直後に誘拐され、3年4ヶ月に渡る拘束ののち、先月23日に解放され、25日に帰国しました。

 安田さんはISの内部資料を入手したとし、それによるとISは予想以上に組織として完成されており、更に取材したいと考えてシリアに密入国したものの、その直後に拘束されてしまったと言う事です。

 安田さんは拘束される以前、「邦人保護は政府の責務」としながら、外務省にパスポートを返納させられた男性の例や、また外務省や警察から繰り返し紛争地帯からの退避勧告を受けたことについて触れ、「自己責任を負う覚悟は出来ている」と述べ、「自己責任だから口や手を出すな」と政府の姿勢を批判していました。

 そのため、解放後も自己責任論が噴出、多くの批判的意見が寄せられましたが、その件については「当然自己責任はある」とし、「批判や検証は当然と思う」と語りました。

フォロワー数急減

 アメリカのSNS大手ツイッター社が11日以降、大量の偽アカウントをロック、フォロワー数にカウントしない措置を取って、フォロワー数が急減するアカウントが続出しています。

 CNNは、アメリカ限定ですが著名人のフォロワー数がどの程度減少したかを報じています。それによると、フォロワー数5000万人以上のトランプ大統領は20万人減、同じく1億人以上のオバマ前大統領は240万人減少したそうです。

 芸能関係でも、ジャスティン・ビーバーさんのフォロワー数は約270万人減少。ケイティ・ペリーさんも同約280万人減少。マイクロソフトの創業者として知られる大富豪、ビル・ゲイツ氏は約280万人減。

 そして、当のツイッター社公式アカウントは約780万人、CNNの速報アカウントも約100万人減少しています。

 ツイッターでは以前から、幽霊アカウントによるフォロワー数の水増しや、フォローやリツイートの売買が問題視されていました。そのため、同社はこれらの偽アカウントをロックする事で透明性を確保、信頼性の向上を図るために1000万アカウントをロック、削除する方針を示していました。

 5000万のうち20万は0.4%、1億の240万は2.4%。人数だけ見ると凄い減少で、偽アカウントでフォロワー数の水増しを行っていたように見えますが、比率を見るとそうでもありませんね。一体幾らでフォロワーを買っていたのかは知りませんが、僅か0.4%とか2.4%を、お金を払って増やすメリットがあるのでしょうか?。

アマゾンジャパン、配送料を値上げ

 ネット通販大手のアマゾンジャパンは、購入額が2000円未満の配送料を値上げしました。

 これまで購入額が2000円未満の場合、通常の配送料は一律350円でしたが、これが本州と四国(離島以外)が400円に、北海道と九州、沖縄、そして離島が440円になります。

 最短で翌日に届く「お急ぎ便」は同じく、500円と540円に。注文した日に届く「当日お急ぎ便」は、600円と640円に値上がりしています。

 アマゾンジャパンは1月、宅配国内最大手のヤマトホールディングスと運賃を4割以上値上げすることで合意しており、配送料の値上げはそれを受けてのものでしょう。

 とのかくネット通販の利用者は年々増え続け、それに伴って荷物の量も増え続けるわけですが、逆に人手は不足しています。景気回復で売り手市場となった労働市場では、デフレ時代に人を大切にしてこなかったブラック企業から次々と人が逃げ出していきました。牛丼チェーンでは、24時間営業を断念したり、店舗を一時閉店する状態になり、時給を上げたら直ぐに人が戻ってきました。

 そして、ヤマトホールディングスも労働環境の改善を掲げ、個人と法人の両方で運賃の値上げを宣言。

 値上げは利用者の負担になりますが、しかし、これは悪いこととばかりは言えません。