基準値超えの有害物質が検出

 東京との29日発表によると、豊洲市場(江東区)で行っている地下水のモニタリング調査で、環境基準を上回る有害物質が検出されたそうです。

 同市場を巡っては、地下空間に貯まった水が問題になっていましたが、今回環境基準を上回る有害物質が検出されたのはそのずっと地下から採取されたもの。全部で9回予定されている地下水調査のうち8回目の速報値で、調査対象の地下水は2016年8~9月に採取された地下水です。そのうち青果棟がある「5街区」の3か所で基準値を上回るヒ素やベンゼンが検出されました。

 過去7回の調査で検出された有害物質は、いずれも環境基準を下回っていた。最後の9回目の調査は11月18日以降に行われる予定で、結果は来年1月に公表される事になっています。

 モニタリング調査が終わるまで移転は延期、と小池知事が宣言してから謎の地下空間が見つかって大騒ぎをしていたら、遂に地下水から基準値超えの有害物質が検出されてしまいました。これはもう、移転がいつになるのか、全く読めなくなってきました。