生活保護費着服

 大阪府警捜査2課と河内長野署は21日夜、4百数十万円を着服したとして、同市まちづくり推進室主査で大阪府富田林市高辺台の宮本昌浩容疑者(43)を業務上横領容疑で逮捕しました。

 この事件、府の河内長野市で生活保護費で使途不明金約2億6600万円が発生、内部犯行との見方が強まっていたもので、宮本容疑者は生活保護業務を所管する生活福祉課で保護費の出入金などを担当していた2010年5月中旬から同年11月上旬までに十数回、保護費を管理する同課課長名義の口座から、計4百数十万円を庁舎内の現金自動預け払い機(ATM)で引き出して着服したということです。

 着服総額は「考えて整理しないと分からない」と言っているそうで、日常的に着服していたので本人にも判らなくなっているようです。宮本容疑者は調べに容疑を認め、「株など金融商品の購入のほか、預貯金に充てたり自宅で保管したりしていた」などと供述しており、自宅からは数千万円がかばんやビニール袋に入れられた状態で見つかったそうです。

 宮本容疑者は1993年4月に採用され、仕事熱心との評判だったとか。真面目な人だったんでしょうが、大金と接する機会があって誘惑に負けたのでしょうか?。