フォロワー数急減

 アメリカのSNS大手ツイッター社が11日以降、大量の偽アカウントをロック、フォロワー数にカウントしない措置を取って、フォロワー数が急減するアカウントが続出しています。

 CNNは、アメリカ限定ですが著名人のフォロワー数がどの程度減少したかを報じています。それによると、フォロワー数5000万人以上のトランプ大統領は20万人減、同じく1億人以上のオバマ前大統領は240万人減少したそうです。

 芸能関係でも、ジャスティン・ビーバーさんのフォロワー数は約270万人減少。ケイティ・ペリーさんも同約280万人減少。マイクロソフトの創業者として知られる大富豪、ビル・ゲイツ氏は約280万人減。

 そして、当のツイッター社公式アカウントは約780万人、CNNの速報アカウントも約100万人減少しています。

 ツイッターでは以前から、幽霊アカウントによるフォロワー数の水増しや、フォローやリツイートの売買が問題視されていました。そのため、同社はこれらの偽アカウントをロックする事で透明性を確保、信頼性の向上を図るために1000万アカウントをロック、削除する方針を示していました。

 5000万のうち20万は0.4%、1億の240万は2.4%。人数だけ見ると凄い減少で、偽アカウントでフォロワー数の水増しを行っていたように見えますが、比率を見るとそうでもありませんね。一体幾らでフォロワーを買っていたのかは知りませんが、僅か0.4%とか2.4%を、お金を払って増やすメリットがあるのでしょうか?。