声優の石森達幸さん死去

 人気アニメ「ONE PIECE」にも出演した声優の石森達幸さんが5日、心不全のために亡くなったそうです。81歳でした。告別式は近親者で済ませたとのことです。

 石森達幸さんは長崎県の、現在は無人島となっている端島、いわゆる軍艦島の出身。14歳の時に役者の道に入り、アニメ草創期から声優の仕事を始め、テアトル・エコーの創設メンバーの1人でした。「ミスター味っ子」のブラボーおじさん、それいけ!アンパンマンではやまねこ大王(初代)、もぐらの長老、モヤシ大王を。スーパービックリマンではスーパーゼウス役など、数多くのアニメ作品に出演しました。

 最近では2009年の「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」、2010年の「ONE PIECE FILM STRONG WORLD EPISODE:0」、2012年の「ONE PIECE FILM Z」で、それぞれ海軍元帥のセンゴコク(仏のセンゴク)を演じています。

 個人的には、一番覚えているのは「ブラボーおじさん」ですね。次がセンゴク。