笠原元投手に有罪判決

 野球賭博にかかわったとして、逮捕・起訴されていた元巨人の笠原将生被告(25)の判決が5日に東京地裁であり、懲役1年2月、執行猶予4年(求刑懲役1年2月)の判決が言い渡されました。

 笠原元投手は自身が賭博に参加するだけで無く、他の選手と胴元との仲介を務めるなど積極的に賭博に参加し、賭博開帳図利ほう助と常習賭博の罪に問われていました。

 細谷泰暢裁判官は「現役選手でありながら、プロ野球を対象とした野球賭博を常習的に繰り返し、チームメートの仲介も積極的に行った」と指摘、「プロ野球への信頼を失墜させる一因になった」と述べました。しかし、事実を認めて捜査に協力している事、球界から事実上の永久追放処分である無期失格処分とされ社会的制裁を受けた事などから、執行猶予が相当としました。

 胴元の飲食店従業員斉藤聡被告(38)は、賭博開帳図利罪で懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)としました。

 前代未聞の現役プロ野球選手による野球賭博への参加に、司法の判断が下りました。執行猶予つきの有罪判決、まあ当然の結果でしょう。