小出監督死去

 シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんらを育てた事で知られる、陸上女子長距離の指導者、小出義雄さんが亡くなりました。80歳でした。

 小出さんは順天堂大学体育学部時代に箱根駅伝へ3年連続で出場した経歴を持ち、同大学卒業後は教員として公立高校に勤務。1986年には、市立船橋高校を回全国高校駅伝で優勝に導きました。

 その後、1988年にリクルート社のランニングクラブ監督に就任。五十嵐美紀、有森裕子、志水見千子、鈴木博美、吉田直美らを育てて黄金時代を築きました。有森裕子は1992年のバルセロナオリンピック女子マラソンで銀メダルを、4年後のアトランタオリンピックでも銅メダルを獲得しましたが、社内の確執から1997年に積水化学工業に移籍。同社の女子陸上競技部監督に就任。2000年のシドニーオリンピックでは、やはり教え子の高橋尚子が女子マラソンで金メダルを獲得。国民栄誉賞を受賞するなどして、日本中にブームを巻き起こしました。

 2001年には自らが代表取締役となって、佐倉アスリート倶楽部を設立、監督に就任。2019年3月31日にをもって指導者から勇退していました。

 女子長距離選手の育成に定評があり、教え子の多くが日本代表としてオリンピックに出場した名伯楽でした。近年は体調が悪く入退院を繰り返していたと言う事で、勇退も健康問題のためだったようです。

安田さん、会見で謝罪と感謝

 内戦中のシリアで取材中武装勢力に誘拐され、先日解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が日本記者クラブで2日に会見を開き、冒頭で謝罪と感謝を述べ、深々と頭を下げました。

 安田さんは2015年の6月にトルコの南部から内戦状態のシリアへ、イスラム過激派組織ISの取材目的で密入国。その直後に誘拐され、3年4ヶ月に渡る拘束ののち、先月23日に解放され、25日に帰国しました。

 安田さんはISの内部資料を入手したとし、それによるとISは予想以上に組織として完成されており、更に取材したいと考えてシリアに密入国したものの、その直後に拘束されてしまったと言う事です。

 安田さんは拘束される以前、「邦人保護は政府の責務」としながら、外務省にパスポートを返納させられた男性の例や、また外務省や警察から繰り返し紛争地帯からの退避勧告を受けたことについて触れ、「自己責任を負う覚悟は出来ている」と述べ、「自己責任だから口や手を出すな」と政府の姿勢を批判していました。

 そのため、解放後も自己責任論が噴出、多くの批判的意見が寄せられましたが、その件については「当然自己責任はある」とし、「批判や検証は当然と思う」と語りました。

フォロワー数急減

 アメリカのSNS大手ツイッター社が11日以降、大量の偽アカウントをロック、フォロワー数にカウントしない措置を取って、フォロワー数が急減するアカウントが続出しています。

 CNNは、アメリカ限定ですが著名人のフォロワー数がどの程度減少したかを報じています。それによると、フォロワー数5000万人以上のトランプ大統領は20万人減、同じく1億人以上のオバマ前大統領は240万人減少したそうです。

 芸能関係でも、ジャスティン・ビーバーさんのフォロワー数は約270万人減少。ケイティ・ペリーさんも同約280万人減少。マイクロソフトの創業者として知られる大富豪、ビル・ゲイツ氏は約280万人減。

 そして、当のツイッター社公式アカウントは約780万人、CNNの速報アカウントも約100万人減少しています。

 ツイッターでは以前から、幽霊アカウントによるフォロワー数の水増しや、フォローやリツイートの売買が問題視されていました。そのため、同社はこれらの偽アカウントをロックする事で透明性を確保、信頼性の向上を図るために1000万アカウントをロック、削除する方針を示していました。

 5000万のうち20万は0.4%、1億の240万は2.4%。人数だけ見ると凄い減少で、偽アカウントでフォロワー数の水増しを行っていたように見えますが、比率を見るとそうでもありませんね。一体幾らでフォロワーを買っていたのかは知りませんが、僅か0.4%とか2.4%を、お金を払って増やすメリットがあるのでしょうか?。